So-net無料ブログ作成
検索選択

COPD 治療 急性増悪とは? [COPD 治療 急性増悪とは?]

【スポンサード リンク】



COPDは死亡の可能性も高い怖い病気ですが、
特に注意が必要なのが「増悪」という現象です。

この記事では、COPDの急性増悪について解説します。

症状が急激に悪化する「急性憎悪」


COPDの初期症状は、咳や痰、
息切れといった比較的軽いもので、
症状をほとんど感じない方もいらっしゃるほどです。

しかしCOPDが進行すると、
あるタイミングで症状が急激に悪化する事があります。
これが「急性増悪」と呼ばれる現象です。

急性増悪が起こると、これまでできていた事が
自分でできなくなるなど、日常生活に支障が出る事が多くなります。

また、治療方法もそれまでとは変える必要が出てきます。

増悪を防ぐには禁煙が一番


COPDにかかっても、初期段階では自覚症状が少ないため、
COPDと診断されても対策をとらない方もいらっしゃいます。

中でも特にCOPDの進行を促してしまうのが喫煙です。
喫煙を続けていると、COPDの症状を悪化させてしまい、
増悪を引き起こす原因にもなります。

COPDと診断されたら、喫煙は絶対にやめましょう。

海外で人気の禁煙補助グッズ


インフルエンザや肺炎球菌にも注意


インフルエンザや肺炎球菌に感染する事も、
急性増悪を引き起こす一因とされています。

どちらもワクチン接種を受けることができる病気ですので、
COPDの患者さんはワクチン接種を受ける事をおすすめします。

ワクチン接種を受ける事で、増悪による死亡率を
50%低下させる事ができる、というデータもあります。

【スポンサード リンク】







共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。