So-net無料ブログ作成

COPD 症状別の治療方法は? [COPD 症状別の治療方法は?]

【スポンサード リンク】



COPDは、以前は有効な治療方法がないとされていましたが、
最近は新しい治療法が開発されてきています。

この記事では、COPDの症状別の治療方法について解説します。

現状維持のための治療が中心



COPDにかかると、肺の組織が破壊されて
呼吸の機能が低下します。

新しい治療法があるとは言え、
治療により肺組織を元に戻す事はできません。

そのため、COPDの治療はそれ以上の悪化を防ぐ、
現状維持のための治療が中心となります。

軽症なら禁煙だけで済むことも


COPDの悪化を防ぐために最も大切な事は、
喫煙習慣をやめる事です。

特にCOPDの初期段階で、症状があまり出ない方なら、
禁煙するだけで通常どおりの生活が送れる事もあります。

海外で人気の禁煙補助グッズ


咳や痰には薬物療法


COPDの典型的な症状のひとつに、咳や痰があります。
これは気管支が細くなるために起こる症状です。

咳や痰をおさえるためには、気管支を広げるための
気管支拡張薬の他、直接症状を抑える去痰薬、
鎮咳薬などが使われます。

ひどい息切れには酸素療法


COPDが進行すると、日常生活に支障が出るほどの
息切れを感じる事もあります。

禁煙や薬物療法、生活習慣の改善などでも
症状が軽くならない場合、酸素療法を行います。

酸素療法とは、酸素ボンベからのばしたチューブを鼻に通し、
常に酸素を吸入しながら生活する方法です。

最近は治療に使う器具も小さく軽くなってはいますが、
常に持ち歩くのは患者さんにとって大きな負担と言えます。

【スポンサード リンク】







共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。