So-net無料ブログ作成
検索選択

COPD 治療 禁煙は効果的? [COPD 治療 禁煙は効果的?]

【スポンサード リンク】



タバコは万病の元とも言われ、
多くの病気を引き起こす可能性があります。

なかでも、COPDとタバコには非常に深い関係があります。

この記事では、タバコがCOPDに及ぼす影響と、
禁煙の効果について解説します。

長年の喫煙がCOPDを引き起こす


「喫煙指数」という言葉を聞いた事があるでしょうか。

これまでの喫煙経験を数値化する事で、
COPDなどの病気になる危険性を知る事ができる指数です。

喫煙指数は「1日に吸うタバコの本数×喫煙年数」で
算出する事ができます。

例えば、1日にタバコを1箱(20本)吸う方で、
40年間の喫煙経験があれば喫煙指数は800となります。

喫煙指数が700を超えると、
COPDにかかる危険性が高くなります。

その他、1200以上でこう頭がんに、
400以上で肺がんのリスクが高くなると言われています。

COPDには禁煙が最も効果的


COPDにかかると、肺組織が破壊されて呼吸機能が低下します。

破壊された肺組織は元に戻らないので、
COPDが完全に治るということはありません。

しかし、治療によりCOPDの進行を食い止める事はできます。
中でも最も効果的なのが、喫煙をやめる事です。

海外で人気の禁煙補助グッズ


「もう何十年も吸っているから、今更やめても意味がない」
と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
いつやめても、COPDの進行スピードは確実に低下します。

COPDと診断されたらまず、タバコをやめる事を
最優先に考えましょう。

【スポンサード リンク】







共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。