So-net無料ブログ作成
検索選択

COPD 症状で看護が必要なケース [COPD 症状で看護が必要なケース]

【スポンサード リンク】



COPDは、病気が進行すると日常生活に支障をきたすほどになり、
寝たきりの状態になる方もいらっしゃいます。

寝たきりまでにはならなくても、COPDの患者さんで
介護を必要とする方はたくさんいらっしゃいます。

この記事では、COPDで介護が必要なケースについて解説します。

COPDは介護保険の対象疾病


日本の介護保険制度では、第一号被保険者である65歳以上の方が
要介護・要支援状態になると、介護保険を使って介護サービスを
受ける事ができます。

一方、第二号被保険者である40~64歳の方では、
特定の病気が原因で要介護・要支援状態になった場合のみ、
介護保険を使った介護サービスを受ける事ができます。

COPDは、第二号被保険者の介護保険の対象疾病となっており、
COPDで寝たきりなどの状態になると、介護サービスの対象になります。

それだけCOPDが怖い病気であり、
多くの方が苦しんでいる病気と言えるのかもしれません。

COPDの介護は生活の多岐にわたる


COPDが進行すると、生活の至る所に支障が出てきます。

COPDにより肺の組織が破壊されると呼吸機能が低下します。
それにより体力が落ち、さらにCOPDが悪化するという
悪循環に陥り、体の動きが非常に制限されてしまうのです。

例えば入浴に付き添いが必要だったり、
着替えや食事にも補助が必要な状態になる方もいらっしゃいます。

介護サービスではその他に、栄養管理指導やショートステイ、
福祉用具の貸与などのサービスを行う事があります。

【スポンサード リンク】







共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。