So-net無料ブログ作成
検索選択

COPD 原因とメカニズム [COPD 原因とメカニズム]

【スポンサード リンク】



COPDは、主に喫煙が原因で起こる病気です。
では、喫煙がどのようにCOPDを引き起こすのでしょうか。

この記事では、COPDが起こるメカニズムについて解説します。

肺気腫と慢性気管支炎から起こる


COPDの直接の原因には、肺気腫と慢性気管支炎という
二つの病気があります。

この二つの病気が組み合わさって「閉塞性換気障害」という
症状が引き起こされ、この状態をCOPDと呼んでいるのです。

肺気腫のメカニズム


肺は、肺胞という小さな袋状の物が
無数に集まって形成されています。

この肺胞が風船のように伸び縮みする事で
空気を取り込み、酸素と二酸化炭素の交換を行っています。

タバコの中の有害物質は、肺胞の壁を壊したり、
肺胞の壁の弾力性を失わせてしまいます。

すると、肺胞が伸び縮みできなくなり、
一度にたくさんの空気を取り入れられなくなります。

これが、COPDの症状の一つである息切れを引き起こす原因です。

慢性気管支炎のメカニズム


タバコの有害物質は、肺だけでなく気管支にも悪影響があります。

タバコを吸い続けると、気管支に炎症が起こり、
それが長期間続くと慢性気管支炎となります。

気管支に炎症が起こると、体はそれを守るために
粘液を通常よりたくさん分泌するようになります。

通常、気管支の粘液は自然に飲み込まれる物なのですが、
過剰に分泌されると、それが痰となって出てきます。

また、気管支にたまった粘液や痰を吐き出すために咳が続きます。

これが、COPDのもう一つの症状である
咳や痰が起こるメカニズムなのです。

【スポンサード リンク】







共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。