So-net無料ブログ作成
検索選択

COPD チェック方法 [COPD チェック方法]

【スポンサード リンク】



COPDは、症状が進むと改善がなかなか難しい病気です。

そのため、症状が軽いうちに病気に気づき、
原因となる生活習慣を改善する事が大切です。

この記事では、COPDを自分で
チェックできる方法をご紹介します。

年齢


COPDは、高齢になるほどかかりやすい病気です。

一般的には、50歳以上になるとCOPDにかかるリスクが
高くなると言われていますが、

若い頃からタバコを吸っている方などは、
40歳頃から注意が必要です。

喫煙経験


COPDはタバコが主な原因となる病気です。

タバコの喫煙経験が長く、吸う本数が多い人ほど
COPDにかかる可能性が高いと言えます。

ただし、吸った煙草の本数が人生で100本を超えていれば、
COPDにかかる可能性があります。

100本と言えば5箱分ですから、喫煙経験のある方なら
ほとんどが超えているのではないでしょうか。

現在はタバコをやめていても、過去に吸っていたという方なら
COPDに注意が必要です。

また、自分が喫煙していなくても、受動喫煙や有害物質を
吸い込む環境で長時間過ごした経験がある方も要注意です。

症状


COPDの典型的な症状は、咳や痰と息切れです。

長期間(3ヶ月以上)咳や痰が続いている、
少し動いただけでも息切れする、という方は
COPDの症状が出ているのかもしれません。

また、COPDにかかっていると呼吸機能が低下し、
風邪を引きやすくなります。

以前よりよく風邪を引く、風邪が長引くようになったという方は、
COPDの検査を受けてみる事をお勧めします。

【スポンサード リンク】







共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。